金石夏まつり

港町の熱気を肌で感じる!金石夏まつり(これぞ金石人の祭り魂!)大野湊神社夏季大祭

金沢の海の玄関口、金石のまちを彩る夏まつりは、神様をお迎えする「里帰り」のお祭り。江戸時代から変わらない形態で執り行われる祭礼は、金石人の感謝の念から発祥しました。

江戸時代初期とほぼ同じ形態

金石人の心の拠りどころとなっているお祭りです。通称「金石夏まつり」として親しまれている大野湊神社の夏季大祭は、金沢市内でも最大規模の祭礼の一つです。江戸時代初期から、お神輿を中心とした行列の形態はほぼ変わることなく受け継がれてきました。

神様が「里帰り」するお祭り

天照大御神・猿田彦大神(佐那武(さなたけ)大神)を祀る大野湊神社は、元々「宮腰(みやのこし)」(現金石)に鎮座していましたが、1252(建長4)年の火災により、現在の社地(寺中町)に遷座されました。夏まつりはこの二柱の御祭神を旧社地近くの「日和山仮殿」までお神輿でお迎えする「里帰り」のお祭りです。

多彩な祭礼行事

御祭神が3日間過ごされる間に、氏子らが悪魔祓い・獅子舞・奴・米上げなどの民俗芸能を奉納します。御祭神はまちの平安を見届けさらなる繁栄を導いてくれます。地域の力で受け継がれてきた伝統継承の観点から、金沢市無形民俗文化財に指定されています。

日程:毎年8月第1日曜を最終日とする金・土・日曜の3日間

壮大!金沢市内最大規模の祭礼!継承!お神輿を中心とする行列!

詳しくはコチラをチェック!