旧町名復活

歴史ある名前が続々と復活!

町会の名前をはじめ、普段から旧町名を使っている金石地区。金沢市が進める「旧町名復活」運動によって、暮らしにしっかりと根付いている旧町名が続々と復活しています。

狭く、曲がりくねった路地がさまざまに交わる。潮風にさらされて木材は深い色をたたえ、住人たちの暮らしのにおいが漂うー。1962(昭和37)年の住居表示に関する法律によって消えた、歴史ある町名が2018年より続々と復活しています。自分たちが住む地域の歴史を知り、まちへの愛着を育む「しるべ」となることが期待されます。

復活したのはこんなまち!

《2018年 復活!》

金石通町かないわとおりまち

江戸時代には上通町と下通町に分かれていて、大店(おおだな)もあり、人の往来も多かった。

金石下本町かないわしもほんまち

町人や商人が、多く居住していた本町の下に連なった町で、店屋も多くにぎわった。

金石味噌屋町かないわみそやちょう

「味噌」を商う有力な商人がいたと思われる。「宮腰絵図」にも記されている由緒ある町名。

《2019年 復活!》

金石新町かないわしんちょう

新しく町立てされたことに由来すると思われる。元禄時代に描かれた「宮腰絵図」にも記されている。

金石今町かないわいままち

 町名の由来は定かではないが、古くより海から上がられた佐那武の神様が通られたという。

金石海禅寺町かないわかいぜんじまち

海禅寺という寺があったことからついた町名。この寺がいつ上越前町に移転したかは不明。

今さら聞けない?!「金石」の由来

「宮腰(みやのこし)」と呼ばれた金石と、隣町の大野との仲の悪さを懸念した13代藩主・前田斉泰が、宮腰と大野とを合併させ、中国の故事「金石(きんせき)の交わり」から名付けたそうです。宮腰を上金石、大野を下金石と称しましたが、明治期に大野が元の町名に戻しました。ちなみに「宮腰」とは、お宮さん(大野湊神社)の腰元にあることに由来しています。

金石44町会パズル

金石町校下町会連合会は44町会が名を連ねる大所帯です。金石とひと口に言っても、こんなにたくさんの町会、呼び名があるんですね。
(それにしても「元本町」はデカイ!)